看護師の私が即興で作った童話

先日、姪っ子が泊まりにきたの。 そして看護師の私のベッドで一緒に寝る事になったんです。 姪っ子が眠くなるまでお話したり、童話を聞かせたりしていました。 ちなみに童話は看護師の私がその時作った適当な話。

確かこんな感じの話だったかな。

『あるところにいつも眠たそうなウサギさんがいました。 大きな目がいつも半分閉じていて、アクビばかりしているのです。 鳥がウサギさんに聞きました。 どうしていつも眠たそうにしているのか?と。 ウサギさんは目を擦りながら答えます。 家の近くにいる虫が夜うるさくて眠れないんだよ…

鳥はそれを聞いてウサギさんの家の周りにいるという虫を探しました。 虫を見付けた鳥は…なんと虫を丸ごと食べてしまったのです! その日からウサギさんはよく眠れるようになり、大きな目をパチクリさせながら森や野原を飛び跳ねるようになったとさ。 おしまい。』

最後まで聞くことなく姪っ子は寝てしまいましたが… 看護師の私も姪っ子の寝顔を見ながら寝てしまいました。 童話を作るって意外に面白いですよ。 今度、姪っ子の為に手作りの童話絵本でも作ってみようかな!と思っている看護師の私なのでした。 手作り絵本キットがなぜか家にあるから… その場合はもう少し捻ったお話にしようかな!

[リンク]介護事務の求人を愛知に絞って探すなら

Copyright (C) 2007-2017 看護師2年目の目標. All Rights Reserved.